【京都小紀行 ひとり旅12】最終回:渡月橋

4/9(日)京都最終日。
大人になってからの京都で、まだ行った事が無い場所に行こうと嵐山の渡月橋へ。

京都駅からJR嵯峨野線で嵯峨嵐山駅まで15分ぐらい乗車。
下車して渡月橋までの途中、天龍寺があり、そこを抜けると有名な竹林の道もあるのですが、時間に余裕が無いので寄らず。

渡月橋までの道は、お店が立ち並びとても賑やかでした。
美味しそうなモノを見つけたので、買い食いするのだ!

とろけるゆばチーズ。とろけるって書いてあったけど、全然とろけなくて、モチモチムチムチ、弾力のあるカマボコで、湯葉感はあんまり無くて、想像と違った。(爆)

そして、渡月橋を見てギョ!っとする。
この人を見よ! あまりの人の多さに、橋が落っこちてしまうのではないかと?

ホントに人が多く、どけどけ押せ押せ状態で趣もなにも無いですが、それでも山肌に見える桜は綺麗でした。天気悪くて写真ではそれが伝わらないけれど。。。

高校の修学旅行で嵐山の保津川下りをしたので、渡月橋が架かる川は保津川だと思っていたのですが、大堰川ですと。はて?と思って後で調べたら、大堰川を、渡月橋を境にして、上流が保津川、そして下流が桂川と呼んでいるそうです。

ここは保津川下りの終着地で、修学旅行の時に私は訪れているはずなのに、渡月橋の景色も、賑やかに立ち並ぶお店も、な~んにも覚えておらん! ただただ、遠くて疲れた記憶なので、私が子供の頃の嵐山や渡月橋付近は、こんなに栄えていなかったのだと思われます。。。

それから京都駅へ戻り、お土産を買って、新幹線の中で食べる半兵衛麩の生麩饅頭を買って、さくらの京都、ひとり旅の終了です。

今回の旅は、母が直前でキャンセルした事による少し寂しい一人旅となってしまったのですが、その分、好き勝手にフットワーク軽く動けました。母と一緒だったら、遠くて人混みの渡月橋はブーイングだったと思うし、一人の時に行っておいて良かったです。
来年は絶対に、母と一緒に京都に来るど~!

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
ブログランキング・にほんブログ村へ←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。