【京都小紀行 ひとり旅6】洛匠の草わらび餅

4月8日(土)
二年坂から高台寺の“ねねの道”へ出て終点あたりにある甘味処【洛匠(らくしょう)】。
有名な草わらび餅とお抹茶を頂きたくて、並びます。

店内満席で、欧米系の旅行客もかなり多かったです。待たされたけれど、立派な庭の巨大な鯉を眺めながらゆっくりできたので却って良かったです。

それにしてもよく肥えた鯉で、毎日わらび餅をもらって食べているのかな?

洛匠の草わらび餅と、抹茶のセット¥980

わらび餅は、黒蜜はかけないタイプ。きなこだけで頂きます。
すごく柔らかくて、すごくおいしい! モチモチというよりも、プルプルとトロトロの中間ぐらいの食感です。抹茶は、すごく苦かったー!(笑)

とてもおいしいわらび餅で、だけど日持ちはしないので、次の日の帰る時に、京都駅でお土産に買って帰りました。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
ブログランキング・にほんブログ村へ←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。