【上高地の春に再会4】明神池

2017年6月4日(日) 上高地2日目の散策は、明神池までの往復です。
同行者のNさんは、明神池へ行くのは初めてです。

前日と違って晴れていたので、青空と光の下では新緑の見え方も違ってきますね。
この天気で昨日、大正池越しの穂高連峰を見たかったな~。

ニリンソウの群生を楽しみつつ。

明神岳の右側に、かっこいいカールがあるのを見つけた!

このカールかっこいい~!(カール好きです。) 何か名前はついているのかしら?

ここまで来て、

明神池のある穂高神社はすぐそこ。

明神橋を渡り。

明神池。

トラウトの稚魚がいました。春ならではですね。

春の明神池は、木々の緑で若く見えますね。秋はやっぱり歳取って見えます。

実は、河童橋~明神池の往復コースは、距離が長いのであんまり得意ではない私。
(穂高が何度も見える王道、大正池~河童橋コースが一番好きです。)

だけど、散策路の目印でもある、『枝分かれし過ぎている樹』や

ロード・オブ・ザ・リング に出てきそうな『歩いている樹』は、明神池コースならではで、これを見ると、あぁ上高地のお馴染みの景色だなぁ~と、ほっとしたりします。

今年も、二つの樹を見られて良かった!
上高地に来ると、あちこちに散らばるお馴染みの物を色々とチェックしないといけないので、忙しいのです!

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
ブログランキング・にほんブログ村へ←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。