【八景島で夢体験6】コビレゴンドウクジラのシズカちゃん

くちばしが尖ったバンドウイルカと同じプールに、ひとりだけ頭が丸いコがいました。
コビレゴンドウクジラ の シズカちゃんです。
わ~!イルカだけじゃなく、クジラにもタッチできるのね!

飼育員さんが
「うちのシズカちゃんは“ジャイ子ちゃん”みたいなので、皆さん気を付けて下さいね~!」と。これには皆、大笑い。
なんでも、お転婆で口から水をピューっと大量に吐き出したり、大きな水しぶきを上げて、お客さんをびしょ濡れにするのが好きだとか。本当に着替えが要る程びしょ濡れにしちゃうんだって!

シズカちゃんも、可愛い丸いおでこを水からぴょこぴょこ出しながら、プールサイドに来てくれて、タッチさせてくれました。

1344064432

コビレゴンドウクジラ の シズカちゃん
やっぱりツルツル。バンドウイルカよりも、若干柔らかい感触。

シズカちゃん、後に強烈な個性を見せてくれたのです。

シロイルカの おでこにタッチ&記念撮影 をする人数限定の有料プログラムに参加していた時です。
飼育員さんとお客さんの注目を白イルカが独り占めしていることに、シズカちゃんが やきもちを焼いちゃったんですね。
(有料プログラムは、シズカちゃんのプールと白イルカのプールの境目でやっていた。)

隣のプールのシズカちゃんが、
「ワタシも居るョ!」といわんばかりに、こっちに来て身をのりだしてギューギュー鳴いたり、口からピューっと水を吐き出して、私たちの気を引こうとします。その姿が可愛くてね~。
わたくし、シズカちゃんにハートキャッチされちゃいました。

飼育員さんに指示されていないのに、水中から立ち上がってお手々をフリフリしてみせたり。白イルカが鳴いて芸をやっている途中から、シズカちゃんが
「ワタシもっとスゴイのできるョ!」と対抗して割り込んでくるのです。
「邪魔しないの!」と飼育員さんに怒られていましたけどね。
シズカちゃん、きゃわうぃぃ~!

シロイルカにタッチが終わって帰る時も、
「ワタシにも触ってイイョ!」って、仰向けになってお腹を見せてくれたり、握手しようとお手々をこっちに伸ばしてパタパタさせたり。
シズカちゃん、良いコだ~! もう、メロメロになってしましました。
やきもち焼いたり、ライバルに張り合ったり。人間と同じ。感情があるんですね。

夕べはガラス越しにイルカを見ているだけだったけれど、今日はイルカにもクジラにもタッチすることができて、海の生き物に対する愛おしさが急上昇しました。
正直な話、イルカ・クジラは生物学上の哺乳類 だと理解していても、所詮“魚”でしょ~。という意識が私にはあって。だけど、ふれあいラグーンで垣間見たイルカのちょっとした駆け引きや、クジラのシズカちゃんが“やきもち”を焼いたり! 感情があるのを間近にし、あぁ~ このコ達って魚と違うのね。本当に哺乳類なのね! と心で理解しました。
やっぱり“ふれあい”て特別なパワーがあるのだなと実感しました。

次は、シロイルカにタッチ!

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。