トリーバーチ、偽物だった!

今日は使っていないブランド品のバッグ等を買い取ってもらいに質屋に行ったのですが。。。
持って行った中に、トリーバーチの靴がありまして。
数年前に大流行した、トリーバーチといえばこれ! という、足の甲に丸いプレートがついたフラット・パンプスです。私は楽天のショップからアウトレット直輸入ということで買ったのですが、サイズが小さくて、一度室内で試し履きしただけのやつです。
それが、質店の人が、値段を付けられないと。

質店の人は、『偽物とはトリーバーチが判定することなので、これがそうだとは言いません。ただ私共は、これが正規品である確信が持てないので買い取りはできません。』という事でした。
もう偽物だって言ってるも同じじゃんね。

なんか、シューズの特徴でもある かかとのゴムと、甲の丸いロゴプレートの裏側を念入りに調べていましたね。正規品は、かかとのゴムがもっとソフトだと言っていました。私のは、バッチバチの弾力です。

それで次は、ブックオフに、ブランド品としてではなく一般のファッション・シューズとして買い取ってもらえないか行ったところ。。。(ブックオフはかなり着古した衣服も安価ですが引き取っているのを見たので。)
トリーバーチの箱を出しただけで、靴を見ることなく、『うちはトリーバーチの買い取りはしていないんですよ。』って断られました。トリーバーチとしてではなく、普通のノーブランドの靴として見てくれないか?といっても、トリーバーチのロゴが付いている以上それはできないとの事でした。
この事からトリーバーチのフラットシューズは、偽物のトラブルが多いことが窺い知れました。

小さくて履けないし、偽物と分かったので どこにも売れませんし。捨てるしかないです。安物買いの銭失い。(><)

ちなみに質店の人は、ルイ・ヴィトンは強いと。かなり使用感があっても買取値を出せる。コーチは、あまりにも出回り過ぎているのと、コーチ自身がセールで値段を下げ過ぎるので買取値は低い。と言ってましたョ。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。