【京都小紀行 薄紅葉1】母と再びの京都へ!そして安定の半兵衛麩ランチ

母と京都へ行ってきました。私は、一人旅となった桜のシーズンに続いて今年2度目の京都です。実は、春の京都は母と一緒に行く予定だったのですが、諸事情で母は直前でキャンセルをせざるを得なく、でもやっぱり母を京都に連れて行きたかったので、「桜がダメなら紅葉の京都だ~!」と、再トライに相成りました。

新幹線から見えた富士山。秋晴れの爽やかな日です。
そして京都着。お気に入りの半兵衛麩へ直行~!


4月に一人で来た時は、タクシーの運転手に変な方向に遠回りされてボラれたんだわ! 前もタクシーで行ってるから私だって道は知ってるのに、観光客だから分からないと思ったのね。
今日は無事に、普通に着いて良かった~。


母は去年、40年振りに京都に来て、すっかり京都が気に入ってしまい、以来、毎日のように京都を話題にして、テレビでも京都をやっているのをよく見ていました。春の京都を断念したのは残念だったけれど、こうして年内にまた一緒に来れて良かった!


半兵衛麩の、「むし養い料理」。麸とゆばづくしのお料理です。
私は食べるの3回目だ。いつ来ても、キレイ(^^)

秋なので、右下の麩饅頭が柿を模していました。半年前の桜の季節は、桜餅仕立てでした。
季節によって、変わります。

揚げ麩も、秋模様になっています。

これ大好き! みぞれ椀

はぁ~あ。京都だわね~ん。

母は2度目の京都。前回訪れてお気に入りの場所は押さえつつ、新しい場所も織り交ぜて巡って行きます。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。