ホルター心電図をつけた(泣)

しばらく前から動悸・息切れ・不整脈を自覚し、だんだん苦しいと感じる程になり、4月から消費税が上がるし医療費も上がるしで、今の内に検査することにしました。

最初は、ちょっと早いけど(若年性)更年期かな~?と軽く考え、婦人科で血液検査。
しかし異常ナシでした。心臓の病気だと怖いので、歳を重ねれば誰もがなる自然現象すなわち更年期であって欲しかったので、違うと分かってショックでした。。。

そして今度は循環器の病院で、ホルター心電図をとる事になりました。24時間式心電図ですね。
写真のとおり、とても小さく軽く、電極を4ヶ所胸につけたら、ベルトで腰に装着します。行動記録表も記入します。

middle_1394886814

お風呂は入れないけれど、全然違和感なく、寝る時も気になりませんでした。
だけど、こういうのをつけている時に限って、不整脈を自覚しないんだな。。。(^^;)
翌日、再度病院へ行き装置を返却。結果分析に一週間。

そして結果は。。。
不整脈はあることはあるが、基準値以内。脈が跳んだのは2回。こちらはちょっと心配だが誰にでもありえる事で、まぁ置いておいてよいでしょうとの事。
しかし、全体的に脈が速いと。歩いていたにしても脈が高いと。安静時、睡眠時でも100前後あると。

甲状腺異常が疑われるので、血液検査になりました。(泣)
結果は一週間後です。

甲状腺異常というと、バセドウ病と橋本病が主なものとして挙げられます。症状を調べてみると、

バセドウ病・・・頻脈(私!)、暑がり(×)、下痢(私!)、疲れとイライラ(私!)、手の震え(×)、眼球が出る(×)

橋本病・・・徐脈(×)、寒い(私!)、むくみ(△)、食欲低下(×)、疲れと無気力(私!)、不安感(私!)

頻脈なので一瞬、バセドウ病かな?とも思ったのですが、橋本病にも症状を感じ、相反します。
バセドウ患者の話で、『とにかく暑さに弱く冬に強い、暑がり』とよく見るのですが、私は全くの逆なのです。冷え性・寒がりで、よっぽどの真夏にまでならないと暑いを感じない程。夏に体調が良くて、秋冬は寒くてかなり具合が悪いです。いつも手足が冷えて仕方ありません。

こうなると、甲状腺は問題じゃないような気がしてきて。甲状腺異常はホルモンの病気だし問題ナシだとイイな、という気持ちと、いっそのことバセドウ病か橋本病で診断されて、治療して早く楽になりたい という変な気になっています。
原因不明というのが一番困るから。

頻脈で冷えだと、自律神経失調症のような気もしますが、私は医者じゃないですしね。

全ては一週間後です。もやもや

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。