八ヶ岳のクリスマス

11月1日の上高地で、今年の旅行は最後のつもりでいたのですけれど、八ヶ岳周辺を巡る魅力的なクリスマス・バスツアーを見つけてしまい、母上様と行ってきました。今度こそ、今年最後の旅行です。

八ヶ岳は、上高地に行く時に通り過ぎるだけだったので初めてだ~。最近わたし、上高地に続いて八ヶ岳にも興味を持っているのです。(^^)

東京を出発した時は、曇り空ではあるものの時折、陽が射すくらいの天気だったのに、八ヶ岳の麓の清里に到着したら雪が降り始めて。。。
楽しみにしていた八ヶ岳の美しい稜線は雪雲でよく見えないし、これからどうなるべ?と心が折れ始める。。。 雪キライ。。。
DSCF2178

最初は、萌木の村 という所で一時間の自由時間。
ドイツ風のロッジが並んで、クリスマスの飾りつけもあり、ステキな所でした。
DSCF2163
DSCF2159
DSCF2170

DSCF2173
キャロルという喫茶店に入り、スープセットと、ケーキ。
手作りの味で、すごいおいしかったです。雰囲気も良いし、また食べたいなぁ。。。
DSCF2174
萌木の村 は、広い敷地に店が点在しているので、1時間程度じゃ全然、時間足りない。買物も、食事もどっちつかず。しかもこの雪。。。
JR清里駅から、徒歩10分程度の所にあるらしいので、個人でまたゆっくり来てみたい所でした。
DSCF2176
次は、八ヶ岳高原音楽堂のクリスマスコンサートへ。
八ヶ岳高原音楽堂は、標高1500メートルの所にあるそうで、雪がなかなか激しく降っており、途中、前を走るツアーバスが凍結した道路で立ち往生してしまい。。。
DSCF2179
前のバスも、私が乗っているバスも、チェーンをかけるということで1時間程停まってしまいました。結局、チェーンを装着してから5分程で八ヶ岳音楽堂へ到着して、これなら歩いた方が早かったんでないの? とも思ったけれども。
まぁ、ツアー会社も、客に雪道を歩かせるワケいかないのでしょう。。。転倒とかあったら大変だし。そんなこんなでコンサートは大幅遅れて始まり、終わった頃には辺りは真っ暗でした。

帰りは帰りで、また別の、チェーンをつけていなかったツアーバスが、タイヤが空回りして動けなくなって、運転手さんがチェーン装着の応援に行ったりして、車内でしばらく待たされ。やっと出発したと思ったら、今度は市街地の方は、雪は降っているものの、道には雪が無いので、チェーンを外さなければならないと、また停車。ひゃ~、運転手さん大変!お疲れ様でした。

夕食は、八ヶ岳チーズケーキ工房で、ビーフシチュー。
ビーフシチューに目が無い私は、スゴイ楽しみにしていたのだけど、ビーフが一切れだけで、お味もかなり微妙。。。 チーズケーキも、う~む。。。
DSCF2182

そして最後に、星野グループの リゾナーレ八ヶ岳 へ行って、イルミネーション鑑賞とお買物の時間だったのだけれど、前述のとおりとにかく雪で何時間も時間が遅れてしまっていたので、リゾナーレのお店がほとんど閉まってしまい。。。イルミネーション鑑賞だけになってしまいました。ここでも小粒の固い雪が吹き付けている。
DSCF2191しかし、リゾナーレでの買物の時間を短縮した分、遅れをだいぶ取り戻し、ほぼ定刻にバスツアーは終了したのでした。(^_^;)

八ヶ岳では前日までは雪は降っておらず暖かかったというので、想定外の雪でこういうドタバタがあったものの、無事に風邪もひかず今年最後のツアーを終えられて良かったです。
ホワイト・クリスマス になったし。
八ヶ岳の稜線は堪能できなかったけれど、麓の清里も良い所だと分かったので、今度は暖かい季節に訪れてみたいです。来年の旅行計画だわ~。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。