【上高地温泉5】上高地の春の花たち

自宅リフォームで中断していた、5月の上高地温泉旅行記の続きを書きます。
新緑の季節の記事を、紅葉の頃に書いているとは。(^^;)
季節外れ過ぎますね。

今回のお気に入りショットです。河童橋と、大好きな西穂のギザギザ。^^

上高地の春に咲く花をご紹介します。
上高地を代表する花といえば、ニリンソウ。


大正池~河童橋の間でも咲いているけれど、やはり明神池方面が沢山見られます。
ニリンソウの花は不思議なもので、小さな花なのに、上高地の薄暗い森の中で光を反射しているのでしょうか? ぼんやり光っているように目立ちます。

小梨の花も、上高地に多いです。
お猿さんが大好物な、赤い実がなるのですけれど、私はまだ見た事がありません。

これも好きな花。ベニバナイチヤクソウ。ウェストン碑~河童橋までの梓川沿いに多いです。
私はいつもこの状態で見ていたので、これが花だと思っていたら、まだ蕾なのだそうです。開いたらどんな風になるんじゃ? 見たいなぁ~。

ズタヤクシュ ひっそりと咲いていて、これも好き。

ツバメオモト

エゾムラサキ 小さい花だけど、鮮やかな青で森の中でも目立ちます。

オオカメノキ。こえは草じゃなくて樹に咲く花。

サンカヨウ パキッ!とした白が華やかで目立つ花です。

アマドコロ ズラリと花の房が並んでいて、面白い花です。

あと、上高地の明神に来たら、この樹もチェックしなければならない。
朽ちずにちゃんとあって良かった!

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。