【京都小紀行 母娘編5】町屋で創作フレンチディナー

京都での夕食は、【o・mo・ya 東洞院(オモヤ)】でした。
もう閉店してしまいましたが、5年前に2度、同じo・mo・yaの錦小路店を利用した事があり、その系列店です。
5年前の錦小路店は、最初の1回目が大当たり! 素晴らしいもてなしをして頂き感激したのですが、2回目は一体どうしちゃったの?という位の大外れ。その後、間も無く閉店したのでした。

【京都小紀行 年始編6】幻想的な京町家でフレンチ
2010年1月10日(日)15年ぶりに訪れた京都旅行記です。 1日、京都観光をした後は、お楽しみの夕食です! ガイドブックで事前に下調べした時に真っ先に、食べたいなぁ~と思ったお店が...
【京都小紀行 年末編6】京町家でX'masディナー(ちょい辛口)
2010年12/25(土)の京都旅行記です。 お楽しみの夕食は、前回年始の旅行で訪れて、お値段・内容・味・量・雰囲気、全てにおいて大満足の食事ができた、【french o・mo・ya ...

omoya東洞院店は、町屋で食べる創作フレンチ という、閉店した錦小路店と同じコンセプトなので、40数年振りに京都を訪れた母に、築100年超の神秘的な京町屋でフレンチディナーをする感動を体験してもらいたくて、決めました。宿泊しているホテル日航プリンセス京都から、真直ぐ歩いていくだけで立地も便利。

なんかもう、入口からステキ。
DSCF2401
DSCF2420
井戸の滑車みたいなのがある。
DSCF2419
もちろん、店内もステキ。
DSCF2418
DSCF2403
コースはなんと、メインが魚・肉 両方ついて¥3,780 お手頃価格!
DSCF2425
アミューズの、鶏のパテ。正直あんまり好みじゃなかったですが、でもちゃんと作っていると思う。
DSCF2405
8種の野菜のポタージュ、omoyaはスープがいつも美味しい!
DSCF2410
魚料理。魚と筍の赤ワイン煮込み。味が染み込んでいておいしい。
DSCF2411
お肉は鴨or 追加料金で和牛ステーキ。鴨はちょっと臭みがあったし、そのくせお肉の味はしないでいまいちだったなぁ。
DSCF2414
母が頼んだ和牛のステーキも、もっと香ばしさが欲しいと言っており。omoyaって、前の錦小路店の時もそうだったかけれど、お肉料理があんまり得意じゃない感じですかね。。。
でもその代わり、デザートが3種盛りで嬉しかった! ワーイ! これで一発大逆転よ~!
DSCF2416
omoya東桐院は、閉店した錦小路店よりもメニューや料金、接客サービスが一通りカジュアルダウンした感じでしたが、その分、相応の気持ちの良いディナーができました。
母も「町屋なのに、フレンチなところがオシャレで良いよね!」と、とても喜んでくれました。また京都に来た時は、ディナーはここで良いんだそうです。
あ、そうですか。。。(^^;)

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。