青山 ビストロ ブノワでランチ

青山のビストロ【ブノワ(BENOIT)】でランチをいただきました。
ミシュランガイドから何回も星を獲得している有名シェフ、アラン・デュカスのプロデュース店であり、この【ブノワ(BENOIT)】も毎年、ミシュランの東京版で星一つ★を獲得しています。

実はね~。私、数年前に友人達とここで食事会をしたことがあって。
その時は通常の形態じゃなく、フランスからわざわざ人気シェフを招いたお店のイベント期間中だったのですが、料理内容、接客サービスともに価格に見合っていなく散々で、怒り心頭で帰ってきたことがありました。

しかし今回、表参道駅付近で一人で昼食がてら時間を潰さないといけないことになって、予め目をつけていた別のレストランに行こうと思ったら、ランチのラストオーダー時間を過ぎていた為にフラれてしまって。。。 他に知っている店が【ブノワ(BENOIT)】しかなかったので、前回のひどい印象を思い出しながら仕方なく入った感じです。(^^;)

ラストオーダーぎりぎりで入店でしたが、快く受け入れてくれました。
なんか、良い感じ。。。(*^o^*)
税込¥2,000 で、メイン・デザート・コーヒーがセットの、本日のランチをオーダー。
待っている間にウェイターさんが、お店のプロデューサー アラン・デュカスの写真集を貸してくれました。私が一人でいることを気にかけて下さったみたいです。

middle_1324800524

写真集の奥は、グジェールというチーズ風味のシューとパン。シューは塩気が効いて面白い味。パンは冷たくて、どうってことないです。

お店は明るくて、キレイ。本当に、パリにいるみたいョ。(^^)

middle_1324800576

食事の、「豚ばら肉のコンフィとソーセージ レンズ豆の煮込み」
レンズ豆に、色々な味が染み込んでいて美味しい。歯ごたえが、これ以上固いと不快だけど柔らか過ぎず、で丁度良い感じ。

middle_1324800624

この絶妙なお豆の歯ごたえは、湯通ししたレンズ豆を、他の材料と鶏がらスープをひたひたに入れて、30分煮炒めたのですって。
ブーさんも変な匂いもなく、good!
しかし、ずっと食べ続けると塩味がきつく感じられました。。。 これはフランスのレシピで作っていると仕方ないね。昔、パリを旅行した時、いつも最初は美味しいのに、すぐに塩分が強くて飽きてくる食事が多かったのを思い出しました。向こうの味付けは濃いですから。

ウェイターさんが面白い話を聞かせてくれました。
レンズ豆って、レンズに似ているからレンズ豆って言うのじゃないのですって。
レンズ豆が先にあって、レンズが発明された時、形がレンズ豆に似ていたから、レンズって言うようになったのですって。(*^o^*)

デザートは、洋ナシのタルト。カフェオレのスプーンに、ミニ・マドレーヌのオマケ付。

middle_1324800683

タルトは、よくあるランチセットのミニサイズじゃなくて、ちゃんとした一切れでした。嬉しい!タルト地がサクサクで香ばしくてとても美味しい!洋ナシも良い香りがしました。

前に訪れた時が特別悪かったみたいで、ブノワの通常営業の時は、料理もサービスもなかなか良いということが分かり、良い方へ印象が変わりました。これならまた、友人とお食事会しても良いかも!

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。