シルク・ドゥ・ソレイユ3D、むむむ…。

「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」観ました。
眼鏡の上から、3Dメガネをかける“ダブル眼鏡状態”だったので、非常に具合が悪かったです。(^^;)

middle_1352905162

ラスベガスのホテルで行っている「O(オゥ)」「MISTERE(ミスティア)」「KA(カー)」「LOVE」のダイジェスト版?
「うちの団体、こういうのベガスで色々やってるから、見に来てね!」て、シルク・ドゥ・ソレイユのコマーシャルをお金払って見たような。

劇中、セリフはほとんど無く。ストーリーもあって無いようなもの。
ある女性が、一目惚れした男性を追いかけて、異次元の不思議な世界に迷い込んでしまった。そこで目にした光景が、シルク・ドゥ・ソレイユのアクロバット。
やっている事はスゴイ!のですけれど。映画館で見てもしょうがないものを見てしまったなーと。生で目にする迫力には敵いませんから。
だったら、映画だからこそできるような事をすれば良いのになーと思いました。例えば、どうして男性が異次元の世界へ消えてしまったのか?再びめぐり会う為の謎解きを女性がしていくなど、もっと出演者達にセリフを喋らせてストーリーに厚みを持たせるとか。
突如現れるアクロバットの場面が何を表わしているのか、さり気無くセリフで解説するとか。

切り立つ壁を駆け上りながら戦士達が戦いを繰り広げるアクロバットがあったのだけど、中にパエリア鍋を持っている奴がいて。そのパエリアを勿体ぶりながらチラチラ見せるのよ~。パエリア鍋が彼らにとって大事な物を表現しているのだろうけれど、それが何なのか解説してくれなきゃ分からない。

あと、シルク・ドゥ・ソレイユのお得意の幻想的な場面が続いたけれど、幻想的過ぎてちょっと怖くて気持ち悪かった。

レディースデイで¥1,400だったけれど、シルク・ドゥ・ソレイユのプロモーション・ビデオだし、正規の値段では見たくない感じでした。
ちょっと辛口かな?(^^;)

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。