猫アレルギーなんだろうか?

メリサさんが、アメリカで飼っていた猫を日本に呼び寄せました。

猫ニャン、すぐに私に懐いてくれて、膝の上に乗ってスリスリ。可愛い。。。
と思ったらやがて、私の眼がチクチク、鼻の粘膜もチクチク、針を刺すように痛くなって、くしゃみと鼻水が止まらない。なんだかノドまで腫れてきて、ちょっと呼吸もヤバくなってきてしまいました。猫アレルギーだ。。。

メリサさんのお嬢さんも猫アレルギーらしく、メリサさんはすぐに察知して猫を別の部屋に移してくれましたが。。。

(こいつにヤラレタ。。。)

え~!? なんでなんで!?
私、猫カフェは何回も行った事あるし、メリサさんの前の、ジェニファーさんだって、その前のケイティーさんだって、猫を2匹飼っていて、プラス 犬1匹までいて、触っても全然平気だったのにぃ~。

なのに、今回は猫2匹で命の危機を感じる程の強いアレルギー症状が出て怖かったのと、私自身、「もう猫を触ったらダメなの?」とショックでもありました。

猫アレルギーを起こすのに、品種や個体の差があるのでしょうかね?

猫カフェの猫は、全部 純血種であろうし。。。 ケイティーさんの猫もそうだった。
でも、この猫2匹は雑種。中国の品種との雑種だって言ってた。だけど、ジェニファーさんの猫も雑種なんだよなぁ。
アレルギーに、純血種と雑種の別は無いか。

それじゃ、毛質の問題ですかね?
ケイティーさんの猫も、ジェニファーさんの猫も、柔らかい毛並でした。だけど、メリサさんの猫は、野性味あふれるチクチクの剛毛なんだよね。なんか、アレルギー起こしそうな攻撃的な固い毛だったわん。。。(笑)

私はもう猫に触れないのか? それともメリサさんの猫だけなのか?
いずれにしても気を付けなければいけませんね。

メリサさんのお嬢さんは、猫アレルギーなのに、猫と一つ屋根の下に暮らして大丈夫なんだろうか? 寝室には絶対に入れないで、空気清浄器を1日稼働していると言っていたけれど。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。