1789 バスティーユの恋人たち

GWの3連休は、帝国劇場ミュージカル『1789 バスティーユの恋人たち』を観に行きました。
フランス革命を舞台にした、フランスで制作されたロック・ミュージカルです。

主演はWキャストで、小池徹平or加藤和樹 のうちの、加藤和樹(写真・右)を狙って見てきました。
以前観た『ロミオ&ジュリエット』に、加藤和樹が出演していて、ハンサムで歌がうまくて、とてもステキだったので、今度はこのお方を主演で見てみたいな~と思っていたのです。そういえば、『ロミオ&ジュリエット』もフランス制作のミュージカルだわ。フランスってミュージカル大国なのかしら?
IMG_1826a

ストーリーは簡単に言えば、オスカルが出てこない『ベルバラ』みたいな? とにかく、ベルサイユの薔薇を読んでてフランス革命とかマリー・アントワネットやフェルゼンを知ってれば良く分かる話です。
個人的には、主人公が仲間達と出会って、革命への情熱や政府への反発心は丁寧に描かれていたけれど、肝心の主人公とヒロインとのラブストーリーの展開が雑だったかな~と思いました。

Untitled2aa

主演の加藤和樹はですね、素晴らしかったですけど、役柄が熱く一本気な若者で、彼の元々の雰囲気には合わなかったかな~??と。加藤和樹のオーラが役に対して大人っぽ過ぎるのですね。加藤和樹って、ちょっと憂いのあるクールな役が似合うと思うー!!
加藤和樹は、日本ミュージカル界の宝だと思いますョ!(他には城田優)
イケメンで背が高くて舞台映えするし。夢の世界に一気に連れて行ってくれる容姿って、ミュージカルには大切ですから! それに加えて、声が抜群に良くて歌がうまい!
カーテンコール、3回も出てきてくれて嬉しかったし、可愛い一面も見れました。

他に、これまたロミオ&ジュリエット で見たことがある、古川雄大が出てた。
群を抜く美貌は相変わらず。歌が数段上手くなっていてびっくり! 声量がアップして、声がよく通るようになっていました。素晴らしい! でも、まだ圧倒的の域には達しておらず。彼にはのびしろがまだあります。と上から目線で言ってみる。
というのも、古川雄大にはまだまだ物足りなさがあって。
私、気付いてしまったのだけど、双眼鏡で出演者のお顔をドアップにして見ていたら、古川雄大、歌で自分がメインじゃない時に、体力温存~って感じに流している時が分かっちゃって。
皆で歌う時も、表情入って無いし。。。
しかし、彼も日本ミュージカル界の宝に値する要素は充分にあると思います。

それに対して、ソニン はキレッキレですごかったです。どんなに端っこにいて自分がメインじゃなくても、一切の隙が無いというか。あの気迫は素晴らしい!

マリー・アントワネットは、花總まり でした。この方は、宝塚時代からお手の物ですね。余裕で高音出すし。堪能させて頂きました。

はーぁ、ミュージカルって本当に素晴らしいですね!
あの世界に入ったまま、出てきたくないです。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。