【京都小紀行 母娘編2】半兵衛麩で麩づくしランチ

私は6年振り、母は40年以上振りの京都。11:30頃 京都に着きました。
GWの京都駅は人は当然多いけれど、新宿や渋谷に比べたらそれ程でもありません。街の景観を保つ為でしょうか。駅周辺に大音量で客の呼び込みの放送を流す店とか無く、人出は多くても静かで落ち着いた感じで、新宿・渋谷を歩くより楽ですね。

京都駅からタクシーでワンメーター。昼食は半兵衛麩の本店に予約を入れてありました。
老舗らしい古い建物で、昔使われていた釜戸なんかがありました。
DSCF2348
中庭もステキ。
DSCF2347
DSCF2343
麩の老舗 半兵衛麩の【むし養い】と呼ぶ 麩と湯葉づくしの食事。前に京都に来た時に生麩をとても気に入って、その生麩料理と、大好物の湯葉も堪能できるという事で、ずっと来てみたかったんだ!
DSCF2340
DSCF2342
DSCF2344
DSCF2346
清水焼の器も素晴らしく、お出汁が絶品! 京都らしい上品な薄い味付け。椀物は、白味噌に辛子を溶いたもので、これはちょっと、好きな味ではなく残してしまいました。。。
だけど全体的に味も雰囲気も素晴らしく、京都の料理を楽しみましたョ! 麩と湯葉の料理は美味しいけれど、もうちょっと野菜の煮物なんかもあると嬉しいかな。。。
お肉やお魚は精進料理なので当然出てきませんが、麩は小麦粉ですから、結構、お腹にずっしりきました。

それから、2階には古いお弁当箱の展示があり、なかなか面白かったです。
DSCF2353
母も食事とお店の雰囲気をとても気に入って、私と同じく生麩の魅力に目覚めてしまったようで、「生麩の田楽また食べたいな~」なんて言っています。(^^)

半兵衛麩 本店で、京都旅行を非常に良い状態でスタートしました。次は観光に向かいます。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。