【岳沢登山:10】岳沢小屋で過ごした時間

2016年9月4日(日)12:18頃

出発から3時間40分かけて到着した夢の岳沢小屋。2013年に初めて上高地を知ってから3年。登山経験はもちろん、山に何にも興味が無かった私が、上高地に夢中になって、「いつかはあの場所に。。。」と思っていた岳沢についに到着しました! 感慨ひとしおです。
dscf2691
dscf2689
岳沢小屋のランチメニューです。今回は五千尺ロッヂのお弁当があったので食べなかったけれど、岳沢小屋の味というのを体験したかったなぁ。それから、やっぱりヘリで荷揚げしないといけないので、高山価格です。
缶ジュースなんかも高くてSさんと一瞬、買うのを躊躇していたら、五千尺ロッヂの支配人がポカリを御馳走して下さいました。ありがとうございます!(^^)
dsc05944
岳沢小屋に来た記念に、絶対に欲しかったオリジナルTシャツ。色違いで買いました。着る用と、保存用。(^^) 今度はいつ来れるか分からないから。
dscf2690

このオリジナル手ぬぐいも2枚買った! 私もこういう風に大事に飾ってあるョ!
dsc05943
トイレの屋根に布団を干してある。ぷぷぷ。。。 岳沢小屋のブログを拝見していると、いつもスタッフさんが布団干しの心配をしておられて、「今日は布団干せて良かったですね。」と一人可笑しくなってしまいました。
それから、トイレについて。山の共用トイレというものは、古かったり、不便な和式だったりして、どうしても不衛生になってしまい入るのもためらってしまうものですが、この岳沢小屋のトイレは、洋式で山のトイレとは思えない程に清潔に綺麗に保たれていました。これも小屋のスタッフさんが日頃から清掃して気を配っているお陰なのだなぁと、感謝! 女性にとって、トイレが安心して利用できる清潔な空間かどうかというのは、非常に大事ですから。本当に、素晴らしい。
dscf2723
憧れの穂高連峰が、すぐそこに。。。! と思ったら、何じゃこれは~! 雲が~、雲が~! 折角の稜線がどんより雲に覆われて。。。 涙
前穂山頂3,090m辺りが見えたのだと思うけど。。。dscf2716

前日までの天気予報では、雨のはずだったので、降らないだけでもありがたく、しかも午前中は青空の快晴だったので、御の字なのですが。。。 人の欲というのは際限が無いもので。。。 青空の下、一つの雲にも邪魔されない穂高を体感したかったのよー!!泣
はぁぁぁ~。
dscf2695
間ノ岳と、天狗の頭2,907m 険しいですね。。。
私は、自分の体力も運動神経も分かっているので、穂高に近付けるのはこれが精一杯です。ちょっと寂しい気もするけれど、憧れの人は永遠に憧れの人として手の届かないものであるのもそれはそれで良いかも知れません。dscf2702

小屋のテラスからの眺め。どよょ~ん。降りそうですな。。。
正面に乗鞍岳、左が霞沢岳、右に焼岳さん。dsc05940

帝国ホテルの赤い屋根と、大正池の水面が良く見える。可愛い愛しい赤い屋根。
この景色が見れただけでも、良いじゃないか。。。dscf2711

すっごい楽しみに、2016年は岳沢登山に懸けていたので、自分が思い描いた完璧な景色ではなかったし、望んでいた事の全ては出来なかったけれど、目標だった岳沢小屋まで来れたから良いじゃないか。穂高はどこにも逃げないんだ。ただ雲が邪魔するだけ。もう一度、私が会いに来ればいい。

そう思って、短い岳沢小屋の滞在を楽しみました。
(次は最終回~)

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。