【京都小紀行 散る桜編6】林先生が通う、大神の夕食

2019年4/19(金)
京都のお楽しみの夕食は、祇園白川にある【日本料理 大神(おおがみ)】の京会席です。
こちらのお店は、1/23放送の『林修のニッポンドリル』で、”本当は教えたくない!林先生がガチで通う京都の名店”として放送時間の大半を使って紹介されていました。これが本当に美味しそうで、林先生がお勧めするので説得力も相まって。(林先生、結構好きです。^.^)
私はこの時 病気療養中でして、治ったら絶対に食べに行くぞ!と心に決めたのでした。放送後 数日してから、4月の京都旅行を計画しましてお店に電話をしたら、土日はお昼含めて3ヶ月先の5月まで予約がいっぱい! 夕食ならば4/19(金)が1組だけ入れるとの事で、予約を入れてもらいました。元々、人気店であった上に、テレビ放送で更に予約が殺到している様子。今回の京都旅行は、大神で食べる為に来たようなもので、大神の予約の都合で、1泊から2泊の設定になったのでした。

大神(おおがみ)は、四条河原町というか祇園白川沿いから一本入った所にあります。
サカタビルの1階。場所は分かりやすいです。


(都をどりの季節で可愛らしいお人形。京都の至る所で桜の名残を感じられました。)

大神の夜の食事は、¥12,000 のコース一択で、お値段少々張りますけれど、快気祝い&平成最後の記念だもんね! 林先生のテレビでも紹介されていましたとおり、京都の夜に、祇園で、と考えると充分に満足するお得感満載のお料理の品数と内容なのでした。

大神はカウンターのみ8席で、店主とお弟子さん一人で切り盛りされており、厨房とお客さんとの距離が近い~。私はこういう京の割烹なんて初めてなので、最初は緊張してましたが、サービス精神旺盛の店主がワイワイ取り仕切っており、すぐに楽しくなりました。

最初に、桜湯。季節ですね。甘く濃厚な一杯でした。

そしていよいよ、お食事スタート。最初のお膳は、ホタルイカ。青い器が、卵と春ワカメの餡。お椀が、お出汁に小さな桜餅とメバルが入ったもの。店主が丁寧に説明してくれますけど、この先も色々出て覚えられないです。爆! とにかく、スゴイ美味しい!

お造りの皿。桜鯛、トロ、イカ、ウニ。すごく厚切りで嬉しい!桜鯛が新鮮でプリプリの歯応えでした。皮目の包丁の入れ方とかプロの仕事だと素人の私でも分かりました。左の小さな器は、鯛の白子を炊いたやつだったと思う。たぶん。すごく美味しかった!

アイナメの吸い物。といっても、アイナメだけでなく他の食材も入っていてとにかくおいしかったけど、食材と品数が多くて思い出せない。。。湯葉だったかな?

焼き物に、伊勢エビを炙ったのと、伊勢エビの頭を煮たもの。

煮物のお膳。色々な盛り合わせで、ブリを煮たのが絶品でした。右の青い器は何だったっけ?

お料理もだけど、器も素晴らしいねぇ。

ハマグリのお鍋。キャー! ハマグリ高いのに、沢山入ってるわー!

これは、お椀がフグの煮こごりで、緑の器がフグの唐揚げ。黄色い器がジャガイモのすり流し。煮こごり美味しい。


ジャガイモのすり流しが、身近な食材であるにもかかわらず、これまた今まで食べた事が無いような風味で絶品。「いっぱい隠し味入れているんでしょ?」と店主に聞いたら、「何にも隠してあらへんで!」だって。湯葉を汲み上げた後の豆乳を入れている、と言っていました。という事は、この店は湯葉を自分で作っているのか!

悲しい事に、最後のお膳。ヤダヤダー! お腹いっぱいだけど、もっと食べたい~!
白味噌のお椀に、グループごとに炊いてくれるお釜のご飯、お焦げ付き。


この日は、鯛・穴子・桜エビ・アサリ・山菜・筍 の6種類から選べ、我々はアサリを頼みました。他の2組のお客さんは、鯛ご飯と筍ご飯を選んでいました。我々も、他の組の方々も、どれにしようか迷って。母は、桜エビかアサリを食べたくて、私は、穴子かアサリを食べたくて、それでアサリご飯にしてもらいました。も~、全種類食べたい!

炊き込みご飯は、小さめの茶碗に一人2杯あります。一膳食べて、残りはおにぎりにしてお持ち帰りにもできるけれど、我々は炊き立ての美味しいうちに食べたかったので、お店で全部食べました。

デザートは、バナナの寒天とラズベリーのムース、洋梨のシャーベット。洋菓子デザートも手作りの味で美味しい。

これでお終い。ぬは~! いっぱい食べた~。美味しかった~! ¥12,000が安いと思える程の、充実した料理内容で大満足でした。

帰りは店主が一組ずつ店先まで見送ってくれ、みっちり濃厚な3時間の食事でした。こちらの店主、ずーっと賑やかに冗談言って盛り上げているけれど、お料理を作っている時は眼光鋭く、仕事人でしたわよ。

(帰り道の、南座。都をどりが開催されているようです。)

常連である林先生のお話も聞けて、店主曰わく、「有名になった今でも変わらず、昔から腰の低い礼儀正しいお方。」だと林先生の事を言っておられました。

大神(おおがみ)、噂どおりの素晴らしいお店で、やっぱり林先生の言う事に間違いはないな~と。平成の最後の記念に、自分の快気祝いとして、良いお店を経験できて良かったです。

興味持たれた方は、ホントに早めに予約を入れるのがよいですよ。私は2ヶ月半前でしたし、食事した4/19(金)の時点でも、お店に頻繁に電話が入っていて、「6/29のお昼が最短の予約。」なーんて店主が答えていましたから。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。