『バーレスク』良かったョ

クリスティーナ・アギレラ主演の映画『バーレスク(2010)』を見ました。
私はアギレラよりも断然、ブリトニー・スピアーズ派。ブリちゃんは、離婚奇行の色々すったもんだで She isn’t hot any more… なのでしょうが、私はプリちゃんの方が顔も声も可愛いのになぁと思っているので、アギレラのこの映画は私にどうかな?とも思ったりしたのですが、とりあえず見てみることに。私がいつも利用する映画館では最終上映でした。

ストーリーは単純明快!
アイダホの田舎からL.A.へ出てきたアギレラが、瞬く間にショーパブのトップダンサー兼シンガーになって、イケメンの彼氏も手に入れるお話。
この男、悪役だろうな~と思った人が、良い人でもないけれど悪い奴でもなく。この娘、アギレラのライバル役だろうな~と思ったら、全然足元にも及ばないし、ちょっとは意地悪するけど根はそんなに悪い娘でもないという、話の展開に全然ドキドキハラハラは無かったけれど、かっこいい歌とダンスで気持ちよく最後まで見ることができて、楽しい映画でした!

私はどうしても、アギレラお得意の野太いがなり声が好きになれないのですが、そういう歌い方以外のところは、なるほど歌唱力あるな~と思いました。私の好きなブリちゃんには、そこまで歌唱力無いかも。。。やっぱりアギレラがやるべき役だったのですね。

印象に残った場面は、アギレラがダンサーの女性に、わざと皮肉で「あなた、とても男には見えない程キレイだわ!」と言うのですが、アギレラの方がよっぽどオカマ顔で、オメーに言われたないわ!と誰もが心の中で思ったであろうというところ。
あと、アギレラとシェールの、引っ込んだ上まぶた具合とか高さがあり過ぎて重そうな鼻とか、母娘みたいに似ていて、生き別れた親子の設定なのかな?と最初勘違いしてしまった事と、ここまで顔が同じなのに、どうしてそういう設定にしなかった!?という事です。

middle_1296276150

エリザベス・バークレー主演でラズベリー賞を総なめにした『ショーガール(1995)』を、子供でも見られるように健全にして、こじんまりとさせたのがこの『バーレスク』かなぁ。。。
私、『ショーガール』は結構好きで、DVD持ってます。最低映画とか言われてますが、なんだかんだで女同士の義理人情がホロっとくる話で良いんですョ。

というわけで、『バーレスク』レポでした。(^^)

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。