リッツ東京 タワーズグリルでランチ

10月某日。友人を誘って、六本木ミッドタウンにあるホテル、リッツ・カールトン東京へ。
リッツでは、数年前にアフターヌーンティーを食べたことがあるけれど、それ以来久し振りに来ました。

45階のレストラン、クラシックアメリカングリル「タワーズグリル」。
お店の名前の由来となった、窓から新旧二つのタワーが見渡せるということで、まずはスカイツリー。
う~ん、立地上、ちょっと遠いかな。分かるかしら?
スカイツリーって、色が色だからね。空に溶け込んで見えません。(^^;)
な~んか、可愛げないのよね。スカイツリーって。青くて冷たい感じ。

1320291381

一方、東京タワーは、私たちが案内された席の真正面から、最高に良く見えました。
やっぱり良い建物だな~。東京タワーは。
天気も良くて、向こうのお台場の海も見えます。

1320291614

東京タワーがある景色って好き。。。

こんな素適な景色を眺めながら、いざ、お食事!

平日限定のランチ、シェフズテーブル ¥4,181(サービス料込)です。

1320292322

まず始めに、サラダ・前菜・スープはビュッフェ形式でお好みに。
メインディッシュはメニューから好きな物をオーダーし、席に持ってきて頂きます。
そしてデザートは、またビュッフェ形式で好きなだけ! というシステム。
全部がビュッフェ形式じゃなくて、メインを、出来立てで温かく食べられるのが嬉しいです。

前菜のプレート。色がキレイなお料理が沢山ありました。
魚介類が豊富で、鮮魚(かつお)のカルパッチョ、イカ・タコ・エビのマリネがありました。大好物のオリーブも沢山!

1320292752

どれも丁寧に作られていて美味しかったけれど、特にキッシュがgood!

前菜、おかわりの図。キッシュをまた食べるのだ! キノコのマリネもgood!

1320293020

あと、奥のコーンポタージュスープが濃厚で最高に美味しかったです!
パンには、オリーブオイルとバルサミコ酢。バターは置いて無かったと思う。

オーダーしておいた、メインディッシュ~♪
沢山の種類の中から選べて、友人の「豚肩ロース、トリュフ風味のマッシュポテト、ディジョンマスタードソース」。黒いのはプルーンです。
HPには、追加料金ありと書かれていたけれど、当日は追加料金ナシでオーダーできました。

1320293383

一口分けてもらいました。グリル料理のお店なだけあって、炭火でとても香ばしく焼かれたブタさん。とても食欲がそそられるお味でした。(^^)

私の、「市場からの鮮魚、旬の野菜、オレガノ風味レモンソース」
この日は真鯛でした。レモンもグリルしてある!

1320293710

魚の切り身がとても大きくてびっくりしました。ソースは、アリオリ風かな。ほどよい油分とレモンの酸味が効いて、とてもおいしかったです。

そしてそして~!
どっちが本当のメインなのか!? お楽しみのデザートです!
わ~!

1320294030

わゎ~!!

1320294175

わゎ~ん!!!

1320294448

ピンクのチョコレートボールなんて、一体何個つまんだことか!(^^)

サービスは良かったし、静かで(平日だから)景色の良いホテルで、お得で美味しい食事ができて大満足でした。

————————————————-

「タワーズグリル」での食事は大満足でしたが、この日は私にとって厄日だったのか。。。1日付いていないというか、憑かれているような日でした。

六本木まで向かう途中、JRが人身事故でストップ。私はしばらく電車の中で閉じ込められ缶詰状態に。。。 せっかく張り切って早目に出たのにー!
何とも中途半端な駅で降りる羽目になり、タクシー乗り場は長蛇の列。長い時間待ちそう。。。一か八かの賭けで、全然土地勘の無い街を走り回り、奇跡的に流しのタクシーをGET! そこから地下鉄に乗れる駅までタクシーで向かい、想定外の出費!
幸い、友人がかなり早く現地に到着しており、JRの足止めは免れていたので、レストランへ時間を遅らせる交渉をしてもらい、30分遅れでなんとか食事をスタートさせたのでした。
友人にも心配と迷惑かけちゃった。。。

その後、気分よく食事をしたものの、ホテルのトイレに化粧ポーチを置いてきてしまいました。。。
よそ行き用の、ちょっとお高いファンデーション。まだ1回しか使っていないアイシャドー。グアムの免税店で買ったブランド物の口紅etc。どれもまだおろしたばかり。。。
一から揃えたら、¥12,000くらいかかるのよ~。
それにそれに、化粧ポーチが、ボロいけれどあまり売っていない珍しい形で、すごーく気に入っていたの。
フロントに連絡したけれど、届いていなくて。。。
中身はいいから、ポーチだけでも還ってきて欲しい!!

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。