【Miami Dream 5】アメリカン航空の悪夢

2012年12月28日(金)。
マイアミのことを考えながら、出発ゲートのロビーでへらへらお喋りしていた私達。21:00発の飛行機なのに、30分前になっても搭乗のアナウンスが無い。。。
あれ?と、フライトスケジュールのスクリーンを確認しに行くと、いつの間にか21:40発にしれっと変わってる!
マイアミには翌朝5:00到着の便だったし、日本から手配しておいた個人ガイドによる観光ツアーは8:00~だから、40分程度の遅れは大丈夫。

ところが 21:40頃になると、今度は22:40に遅延とアナウンスが入る。何でも、マシントラブルで修理中だとか。
これはちょっとー!(汗)故障があと1時間で本当に直るの? 壊れて飛べなかった飛行機に乗るなんてー! 他の人々もざわつき始める。

それでも22:00頃になったら、搭乗の為に乗客をゲート前に整列させたので、「やっと。。。」と思い並んでいたら、再びアナウンスで、今度は深夜0:00過ぎと!
もーダメ! 翌朝の観光ツアーには間に合わない。
私は続報のアナウンスを聴く為と、取り敢えず交渉事の為にゲート前のカウンターに並ぶ。
近所のお友達は、マイアミのツアーガイドさんに、取り急ぎ現状を連絡しに公衆電話へ。
ここサンフランシスコは22:00だけど、マイアミとは3時間の時差があり、向こうは深夜1時! 飛行機に乗ってしまうと連絡できないし、当日何も知らせないまま約束をすっぽかすのはあってはならない事。ガイドさんには申し訳無かったですが、深夜にもかかわらず快く対応して下さいました。

しかし、0:00出発というアナウンスから幾らも経たないうちに、「も~クルーが帰っちゃって集まらないから、明日の朝7:50に出発ね~ん。」と ふざけたアナウンス。
これには皆、怒り心頭。アメリカン航空のカウンターに、どーゆーことか!?と人が押し寄せる。
AA272便に乗る予定のほとんどの人が、振替便や他の手段を探す為にカウンターに。
私は早くから並んでいたので、前から6番目位だったけれど、地上職員は2人しかいない上に、一組一組に時間がかかる。。。 列に並びながら、他の組と地上職員の話を聴いていると。。。
マシントラブルとは、コミュニケーションツールの事。(エンジントラブルじゃなくて良かった。)マイクロフォンとも聴こえたから、トランシーバーか機内アナウンスのマイクが壊れているのかしら? 飛行には問題ないが、パイロットが操縦を拒否しているとも。 何だよー! 怒!

順番を待っている間に、数少ない日本人の組と情報交換したり。英語のアナウンスが分からなくて「??」の人に、聞き取れただけの現状を教えてあげたり。
結局、2時間程並び順番が回ってきて、マイアミが最終目的地の私達は、翌朝7:50の出発を待つのが一番早い手段というのを確認し、保険請求の為に遅延証明書を発行してもらって、あとお詫びのミールクーポンを2人で$24分をもらいました。
私達は安くてランクの低い航空券だったから? 2人で$24のミールクーポンだったけど、もっとランクの良い航空券の人は、1人$24分もらっていたみたい。
ミールクーポンをもらったはいいけど、行列から解放されたのが0:00過ぎだったから、お店はどこも閉まっているし。晩御飯を食べ損ねて空腹。ミールクーポンは朝食に使うことに。
夕方に、ハーフサイズの照焼きチキン丼を食べておいて本当に良かった。。。ハーフといわずもっとしっかり食べておけば良かったと後悔も入り混じったり。。。

2時間以上立ち通しで列に並んで、疲れてげっそり。心も相当傷ついた。しかしまだ、交渉事でアメリカン航空のカウンターに並ぶ人は30組以上いて、2人の地上職員しか対応していないし。ヘルプを呼んでも来る気配が無く。見ていたら、更にその2時間後の深夜2時頃にようやく1人ヘルプが来てました。その頃には列は残り6人程。ヘルプ呼ぶの遅いし、来るのも遅過ぎ。アメリカン航空、要領悪過ぎ。

あとはマイアミのガイドさんにお詫びと日程を変えて観光ツアーの再予約のメールを送りました。WiFiルータ、レンタルしてきて本当に良かった。
家族には心配するからこの事はマイアミに無事着いてから伝えようとメールはしませんでした。
近所のお友達は、私が交渉事にカウンターに並んでいる間に、旅行保険会社に電話して補償について色々確認。必要な書類の事とか聞いてくれたり。この辺はチームワークで上手く立ち回れました。一人でこの危機に対処するには大変だったし、心が折れていたに違いない!
サンフランシスコでの宿泊手配も保険会社でやってくれるそうだったけれど、これから2時間位かかるという事で、それは断念。
もう0:00過ぎで、これからホテル探して移動して、また7:50の便の為に空港に戻る事を考えると、いくらもホテルに居られないし、このまま空港で待つのが賢明と判断。

今できる全てのすべき事を終えて、今度はターミナル内をウロウロ。深夜で薄暗く静まり返った空港で、待合ソファーに寝転がってふざけてみたり、ジャンプして記念撮影してみたり。閉店した売店を覗きこんでみたり。むかつき過ぎて、ここまでくると開き直りです。
近所のお友達が、「トム・ハンクスの映画で、空港から出られなくなった人の話があったよ。」と。『ターミナル』て映画かな。本当そうだ。

誰も居ないの。。。

1358517238

セキュリティチェックの所も、終わっちゃって誰もいないの。

1358517376

空港内は、パトロールの職員がセグウェイに乗ってたりして、なんかアメリカー。物珍し気にチョロチョロしている私達の事は気に留める様子もなく。ゲートのロビーで雑魚寝して飛行機を待つアメリカ人はいっぱいいるし、こんな風に夜を明かす乗客の光景なんて、空港側にとっては日常茶飯事なんだろうな。

私達がいるターミナル2は、全部の売店が夜間閉まり、ドリンクの自動販売機すら無かったけれど、別のターミナルに移動すれば、ファストフードのショップが開いていると常時アナウンスが流れていました。だけど、もう疲れてそんな気力無いし。空港内とはいえ、ここはアメリカ。一旦、建物の外に深夜出るのが怖かったから、寒いし空腹だったけれど我慢しました。

Miami 行き AA272便 9:00pmが、翌朝を示す 7:50am になってるでしょ。右上の現在時刻も、1:42am 夜中の2時近くだ。

1358517456

深夜のサンフランシスコ空港は、結構冷えて寒い。ダウンコートはスーツケースに入れて預けちゃっているし、空腹と寒さと不安で、本当に朝が待ち遠しかったです。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。