新型コロナウィルスが起こした物資の不足

3/11 です。忘れもしない9年前の今日は、東日本大震災が起こった日です。
あの日は、本当に怖かった。。。

そして9年後の現在、世界は新型コロナウィルスの拡大に見舞われています。

その影響で、しばらく前からマスクとアルコール消毒液の入手困難が続いており、長いこと店頭で売っているのを見ておりません。

マスクとアルコール消毒液に続いて、トイレットペーパーやティッシュ、キッチンペーパー、とにかく紙と名の付く製品が一夜にして品切れ。
(近所のスーパーの様子です。)

トイレットペーパーやティッシュは、マスクやアルコール消毒液と違って国内の生産体制が十分に整っており品不足になる恐れは無いので、買い占めに走る必要は無いと言われておりますが、私の近所では今もこのとおり。
『物はある、』とテレビで言ってるけれど、実際にはずーっと売ってなくて手に入らないんだから。

そして、日本人の命綱、米までもが売り切れた!

こういう普通じゃない事態の状況に、日本の人々は敏感に反応し備えるようになっていて、それはやっぱり東日本大震災を経験したからではないかな? あの時は、水やガソリンを求めて人々が店舗に長蛇の列を作ったし、ヨーグルト・納豆が計画停電の為の工場停止で店頭から姿を消したっけなぁ。
地震で物流が途切れ、多くの食品が品切れになる地域もありました。東日本大震災も、トイレットペーパーが品薄になりましたね!

最近では、去年の台風15号でしたっけ? 関東地方に記録的な大型の台風が直撃するという事で、窓ガラスを補強する為のガムテープが一斉に売り切れ、コンビニやスーパーから食品が空っぽになりました。

私も会社帰りにスーパーに寄ったら、パンや惣菜が何も買えなくて、会社員という日中に行動を制約されている者は、こういう時にどうしても出遅れてしまいます。
(当時の様子の写真)

自然災害の多い日本。加えて、人災の一面もある現在の新型コロナウィルス。
(中国の研究機関が意図的に開発したウィルスが事故で流出したとも言われているし、WHOのおかしな対応も人災とも言えるよね。)

次から次へと災難が日本にやってきてイヤになってしまうけれど、もうすぐ楽しい春がやってくるのだし、早く平穏な日々に戻って欲しいものです。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。