手芸:がまぐち通帳ケースを作った

自分じゃ上手にできなけれど、案外 手芸品の作り方を見たり、人に作ってもらった物を所有するのが好きな私。既製品に無い、風合いとかダサ可愛さとかが好きだったりします。

そんな私が、GW中に挑戦してみたのが、がまぐち通帳ケース。
手芸キットで、型紙と作り方、布とがまぐちの部品とがセットになった物を一年以上寝かせて、ようやく作りました。(^^;)


これ、手芸が上手い人から見れば、つっこみどころ満載な仕上がりなのですが、本当難しかった~。ラミネート生地なので、ミシンをかける時に押さえに生地がくっついて上手く縫えなかったり、がまぐちに挟む為のたこ紐を布本体に縫い付けるのも、硬くて指がミシミシ。上級者はミシンでたこ紐を縫い付けるというから、どうやるんだ? ミシンの針折れないのか?


それから、がまぐちの金具を、「かしめる」という作業があるのですが、これがまた力作業で。女の握力じゃ、しっかり、きれいにかしめるのは相当難儀で。ペンチを握り締めた指と手首が、翌日ガタガタになりました。。。あぁぁ~。関節が~(汗)
均一に力をかけられなかったので、がまぐちの金具がボコボコしちゃってるし、ちゃんと閉じきれなく、隙間からたこ紐見えちゃってるし~。

手芸って力仕事で筋力が要りますね。やってみなきゃ分からなかった。

がまぐち通帳ケースの、更に上級者デザインの型紙があるのだけど、もうやらない。無理。
誰か作ってくれないかなぁ。(笑)

自分でやってみて、手芸って想像以上に難しくて大変だなぁと思って、ますます、手芸品が好きになりました。上手な人って、本当尊敬します。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。