【箱根の美味しい旅2】旅のお宿は 和奏林

3月下旬に行った箱根旅行。旅のお宿は、トスラブ和奏林 でした。

トスラブ和奏林は、箱根湯本から芦ノ湖方面のバスにて終点の箱根町港の少し手前、双子茶屋で降りた所にあります。30分ほど、バスで山道をくねくね登って行きました。


箱根湯本は寒くなかったものの、山の中に入るとまだ雪が残っており、少し冷えました。
前日に雪が降ったらしいです。

和奏林のフロント前。箱根のお土産が沢山売られています。


広いロビーでは、無料でコーヒーやココア等のドリンクがセルフサービスで飲めました。


ロビーからは、庭の桜と思われる樹が沢山見え、枝先がピンクになっており、花が咲いたら綺麗だっただろうなぁ。


屋内プール


大浴場。か~な~り~ぬるい温泉でした。同じ箱根でも前に行った強羅の温泉は、とても熱くて効く感じがしましたけれども。
参照記事⇒メルヴェール箱根強羅ホテルに宿泊


まぁ、これはこれで、長く入っていられるので良いですけどね。

お部屋がまた良くて。
玄関を入った所。


手前に広い和室と、サンルームが!

サンルームから見える庭。人目が無く気にならない。東京は桜が咲いたのに、箱根の山は雪景色です。

そして、和室の隣にツインのベッドルーム。

(ベッドルームを逆から見た様子)


母と二人の宿泊で特に何も指定していなかったのに、スタンダードよりも広い部屋を割り当てられたようです!


宿の人には、和室で寝たければ布団を敷きに来るが、できれば二人ともベッドで寝て欲しいと言われました。無問題ですョ。
和室と洋室にそれぞれテレビがあるので、夜は母と私、別々に好きな番組を見る事ができました。


部屋の浴室は温泉ではなく ひのき風呂。大浴場の温泉があるのでこれは使わなかったけれど、木の良い香りがしました。

洗面台は2つあって、ひのき風呂の前に1台。


トイレの前にも1台。

お部屋のお菓子は、栗ようかんでした。おいしい。

初めて和奏林に来て、勝手に広い部屋に泊めてくれたので、次に来た時に普通の部屋になったら物足りなく感じちゃうだろうなぁ!(^^;)
他の部屋は、和室とサンルームだけで洋室は付いていないようです。和室とサンルームだけでも充分に広いのだけど、ね。良い宿でした。

次は、和奏林の食事をご紹介!

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。