ムカゴの駆除

この春から借りている私の畑。
冬の間の枯れている時は何も植わっていなく気が付きませんでしたが、私の前にこの場所を借りていたお婆さんが、長芋を植えていたのですね。

春になって、その長芋の残り根からツルが伸び。
(手前3本の赤いやつ)

この長芋の残り根のツルというのが厄介で、地主さんが近くの通路に生えたのを、1メートルも掘り起こして駆除したという。。。 しかも、残り根だから大した長芋は採れないという。。。
私の畑に植わっている↑これも、そういうパターン。。。
私は掘らないで、ツルをハサミでパチンと切っちゃいました。また伸びてきたら切る!
(こんな長くなった!)

そして、長芋の残り根から伸びたツル以上に厄介なのが、長芋のムカゴ!
前の借主のお婆さんが植えていた時に、長芋のツルについたムカゴが、畑一面にこぼれて、それが春になって芽を出してきて。


↑ こんな葉っぱが、頼んでもいないのに畑の畝一面に!


私は長芋は植える気は無いし、ムカゴから育てる長芋は、1年では収穫できず3年もかかるというじゃないの! 私はここに、ナスやトマトを植えるので、そうなったらムカゴは土の養分を余計に吸い取るただの雑草なワケで、駆除するしかないです。

しかし、このムカゴの駆除が大変で、数が多い上に、引っ張って ムカゴごと抜ければいいけれど、途中でプチンと切れる事も多々。そうすると、また生えてくるからね。

だから、ムカゴをちゃんと駆除する為に、いちいちシャベルで掘り起こしながら抜いていくという。。。 くっそ~。婆さんめ~!

こんなに取れた! でもこれはほんの一部。モヤシみたいね。
こういうのが、取っても取っても、畝一面から数日後にまた生えてくる。
前の借主のお婆さん、一体どれだけ長芋を植えていたんだ?

前の借主のお婆さん、この場所を手放して別の区画に畑を移っているので、おそらくこの長芋の残り根と無数に散らばったムカゴの始末が手に負えなくなったのではないかと。。。
そして私が何も知らずにそこを借りたと。(^^;)

思わぬ災難でした。

でも、前の借主のお婆さん、この間 自家製のソラマメをお裾分けしてくれたので、許す!
ソラマメ美味しかったよ~! ありがとう!(^^)

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを送信する (メアドは入力しなくても可です)

メールアドレスが公開されることはありません。