【モーツァルト!】ライブ配信で観劇

一つ前の記事の、【マタ・ハリ】の視聴と前後してしまいましたが、それより早くミュージカル【モーツァルト!】をライブ配信で観劇していました。6月7日、大阪梅田芸術劇場での大千秋楽公演です。

【モーツァルト!】は3年前の2018年にも帝劇で観ています。

ミュージカル『モーツァルト!』(イケメン!)
帝国劇場で、ミュージカル『モーツァルト!』を観ました。 古川雄大 主演。 古川雄大が、帝劇で主演か~。しかも、あの『モーツァルト!』だもんね! ↓ 古川雄大は、右。...

今年の2021年の公演は、視聴したのが大千秋楽なのもあるし、コロナ禍で公演が中断したりしたのもあってか、演者の皆さんはいつにも増して熱演!!!って感じが伝わってきました。
カーテンコールでもお話がありましたけれど、コロナでどうなるか分からない、いつ公演中止になってもおかしくはないという中で、色々あったけれど大千秋楽を迎えられたのが奇跡と言っていました。

主演:古川雄大は、2年前も素晴らしかったですけれど、更に輪をかけて素晴らしくなっていましたョ~!

古川雄大は、配信でお顔がアップになっても美しく。歌唱がますます情感豊かに力強くパワーアップしていました。彼の歌う『僕こそミュージック』が大好きです。もう軟弱なんて言わせない! 文句なしの主演でした。

私は【モーツァルト!】では古川雄大の美貌の他に、ヴァルトシュテッテン男爵夫人が歌う『星から降る金』を楽しみにしています。
今回の公演も、3年前に劇場で見た同じ涼風真世でしたが、歌い方が随分異なっていました。
3年前の2018年公演は、涼風真世はとても優しく可愛らしい雰囲気で『星から降る金』を歌っていましたが、2021年公演は、厳しさを全面に押し出したような雰囲気でした。たぶん、世間や人生の厳しさというのを伝え、『それでも乗り越えて独り立ちしなさい!』というのを表現しているのだと思ふ。。。 役へのアプローチを変えたみたいですね。
個人的には前の、優しく包み込むような歌い方が好きでした。

あと素晴らしかったのが、モーツァルトの若妻コンスタンツェ役の木下晴香!
私は、この方について、とにかく可憐で清らかなイメージでしか無かったのですが、今回は豹変していまして!
苛立ちや怒り、決して清らかだけではない感情というのを見事に演じていました。
彼女の最大の魅せ場、『ダンスはやめられない』は圧巻で、見ていてゾクゾクしてしまいましたョ!

【モーツァルト!】のライブ配信は、一度も止まる事なくスムーズに見れた上に、夜からアーカイブ配信(再放送)もありました。【マタ・ハリ】は同じライブ配信でも、アーカイブ配信が無かった分、料金が安かったのですが、私はプロバイダ側の長時間の通信障害に見舞われ、終盤のほとんどを見る事ができなかったので、やっぱり金額が高くなってもアーカイブ配信はしてもらいたいと思いました。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。