グランドペチカとトウヤの花

小作人生活3年目の、ジャガイモ。今年はグランドペチカ(通称デストロイヤ)と、トウヤを栽培しています。長雨の為か、去年より遅れて花が咲きました。同じジャガイモでも品種によって花が結構違います。

グランドペチカの花は、濃い紫です。芋の表面が紫と赤のマダラだそうなので、そういうのと関係あるのでしょうか? 大ぶりでなかなかゴージャスに見えます。

こちらはトウヤの花。白い花です。トウヤは白い皮の芋ですからね。でも似たような見た目の男爵は、薄紫の花だったし。。。 芋の皮の色と花の色の関係性はあまり無いのかな?

去年はまた違った4種の芋を栽培しましたが、花もそれぞれ違いました。

ジャガイモの花、4種
3/6(土)に畑に埋めたジャガイモ4種がぐんぐん育ち、綺麗な花を咲かしております。 同じジャガイモでも種類が違うとお花も違うのですね。見比べてみましょう。 定番、男爵。淡い紫...

私の畑のジャガイモには、テントウムシが沢山止まっています。アブラムシは見た感じは全然いないんだけどね。

人の畑で勝手に繁殖活動しておるが、オマエラは益虫なので許してやろう。。。

テントウムシの幼虫。見た目気持ち悪いけど、このコ達は良い子なので駆除しちゃダメよ。

テントウムシといえば、↓赤地に黒に星のナナホシテントウムシですが、私の畑では少数派ですね。黒地に赤い星2つの奴と、オレンジ色に黒い星の奴が主流です。

アブラムシを食べてくれない、ニジュウヤホシも沢山います。。。

ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村←記事をお楽しみ頂けましたら、ブログ村のクリックを~!(^0^)/
スポンサーリンク

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。